ウォーターサーバー、高い水ほど美味しい?

手軽に自宅で美味しいお水をゴクゴク…

安心がウリのウォーターサーバー。最近ではシンプルでモダンなデザインの物も増えていて、省スペースでありながら使い勝手のよいデザインの物が増えています。

これから購入しようか迷っている方にとって、気になるのがウォーターサーバーの水の値段です。1リットルあたり調べたところ、一番安いのはアルピナ。1リットルあたり83円の安さです。

大家族で手軽に美味しいお水をたくさん飲みたい方にも向いています。次に安いのはコスモウォーター、1リットルあたり98円。

ワンウェイウォーターはリットルあたり、96円。クリクラとアクアクララは同価格で105円。少しリッチなタイプだと、ハワイウォーター144円。ブルーウォーター148円。富士の青龍水166円となっています。

「お水の値段と美味しさは比例するの?」よく聞かれる質問の一つですが、答えはノー。

安い水ほどまずく、高い水ほど美味しいは必ずしも言えることでは無いみたいです。採水の方法に手間がかかる場合は値段も上がり、輸入のお水などは輸入コストがかかるので、その分プライスも上昇傾向にあります。

この他、様々なコストがお水代に加算されていることに気づくと思います。例えば以下のようなものが挙げられます。

・サーバーの開発・製造費用(デザイン費も含め)
・販売員、営業マンの人件費に、広告費用
・業者の宅配料
・水の管理、製造費用
etc

水の原価だと思っていると他の製造費がかかっているものです。営利企業として運営してるんですから、当然といえば当然ですが私たちはお水代の高い、安いに拘ってしまいそうです。

お水の美味しさは、その人の味覚によっても変わります。自分が美味しいと思う水をゲットして、ライフスタイルのアップに繋げてくださいね。

ウォーターサーバー、高い水ほど美味しい? はコメントを受け付けていません。

Filed under おしゃれ

Comments are closed.